ロゴ
>コラム>女性に人気の医療事務!必要な資格を取得する方法

女性に人気の医療事務!必要な資格を取得する方法

医療事務に必要な資格

女性が多く活躍している仕事の一つに医療事務があります。活躍の場として、大きな病院で受付や会計窓口、外来受付などがあります。この仕事に就くために必要な資格は特にありません。無資格でも医療事務の求人に応募できる病院もあります。ただ、医療事務技能審査試験(R)の資格をとっておいた方が、就職の際に有利であるといえます。医療事務の資格は、医療の仕事の資格であるため景気に左右されにくいだけではなく、全国どこの病院でも通用する資格であることもあり、女性に人気の資格です。試験は毎月1回、年に12回実施されます。試験の受験料は7500円で、比較的難易度も高くないため、短期間の勉強で取得することが可能なようです。この資格の更にレベルやニーズが高い試験として診療報酬請求事務能力試験があります。

医療事務の資格を取得する方法

医療事務の資格を取得する方法は2つあります。医療事務の講座を持つ専門学校や社会人向けのスクールに通学して学ぶか、医療事務の通信講座を受講するかのどちらかになります。医事管理士や医療情報事務士の資格のように、指定の短期大学や4年制大学で履修していないと受験できないものもあります。通学よりも通信の方が安く受講できますが、通学の方が分からない点などをすぐに講師に聞くことができる環境にあるといえます。また、医療事務の講座は教育訓練給付制度の対象になっているため、制度の適用がある人は是非とも利用したいものです。受講料は各資格の講座により異なりますが、税理士や公務員受験の講座などに比べ手頃な価格といえます。